家庭の湯を沸かすボイラー|価格競争の激しい給湯器は設置する業者選びが重要

価格競争の激しい給湯器は設置する業者選びが重要

男性

家庭の湯を沸かすボイラー

男性作業員

まだたくさんの家庭で使用

どこの家庭でも必ず備わっている給湯器は、今現在において無くてはならない存在でもあります。給湯器の種類には、ガス式や電気式、石油式などがあり、近年ではエコやハイブリット給湯器なども出回っているのが現状です。今やエコブームによって給湯器にもエコタイプものが高評価となっています。しかし、通常の石油式給湯器も、いまだに根強い人気となっている点も見逃せません。石油式は灯油を使った熱エネルギーで、ガスや電気に比べてパワフルに給湯してくれる機能が優れています。また、石油の時価に左右されますが、よほど高くない限りはランニングコストが一番低価格なのもメリットです。それに加え、使用する地域の気温や湿度にも左右されにくいため、どこでも設置可能で、床暖房などの組み合わせも可能な点は寒い地方にとって有り難いことです。設置費用も石油式が一番となっており、本体価格と設置費で安いところでは10万円を切ることもあり、通常でも15万前後となっています。このような理由があるため、石油式給湯器はいまだに多くの方が設置されているのです。

石油式を設置する前に

給湯器は消耗品であるため、どの製品にも耐久年数があります。近年出回っている新しい製品も20年や25年持つとも言われている製品が出回っていますが、使用場所や使用条件にもよります。そのため、いつまで使用可能なのかは使ってみなければわからないという点です。平均的なら約10年から15年程度で交換の目安となりますが、どの製品もお湯が急に出なくなったり、異音がしたり、変な匂いがしたら、まずは修理か交換を検討する方が良いでしょう。そのまま使用されて、万が一何かあっても何の保証もありません。また、業者に依頼してもすぐには設置できない場合も多く、お湯を使う家庭では一日も待てないのが普通です。そのため、できるだけ早めの業者の依頼を検討することが望ましいです。もし、緊急を要して業者に依頼をするときは、ほとんどの方は知らない業者に電話をすることでしょう。給湯器の価格は通常でも工事費が高かったり、アフターサービスがなかったりすると誰でも不安になります。まずは、知り合いから情報を聞くなり、ネットの口コミやレビューを調べてから利用することで、給湯器の設置を安心できる業者に依頼できることになります。