10年が目安です|価格競争の激しい給湯器は設置する業者選びが重要

価格競争の激しい給湯器は設置する業者選びが重要

男性

10年が目安です

整備

何故10年が目安なのか

ガス給湯器の寿命は10年前後が目安だそうです。中には20年、30年と使い続けている人もいるようですが、それは例外中の例外といって良いでしょう。何故ガス給湯器の寿命が10年前後なのかは、部品や配管の劣化による故障が起きる平均値が10年位であることやメーカーの部品供給が製造中止後10年と決められていること等が理由として考えられます。給湯器が故障した場合には、上記の部品供給期間が過ぎているのでしたら新品に取り替えるのが普通です。また、部品が供給されている製品では部品交換で直る場合もありますが、他の部品も劣化しているはずですから、その内再度修理することも少なくないといいます。それ故ガス給湯器が故障した時には新品に替えるのが良いそうです。

取り替え時の症状

ガス給湯器が寿命を迎える時には色々な不具合が出てきます。例えば、ガス給湯器が作動している時の音が以前より大きくなるとか変な音がするようになることがあります。そして、出てくるお湯の温度が熱くなったりぬるくなったり温度が不安定になります。もっとひどい時には、ガス給湯器の排気が透明でなく、灰色や黒い色の煙が出ることもあります。こうなりましたら使用を中止しないと火事等の危険があります。このような症状が数年で出てくることがあります。こういう場合には、ガス給湯器の設置場所や使用している水の水質などが寿命が短くなる原因かもしれません。また、日頃のメンテナンスが十分でなかったことも考えられます。極端に寿命が短い場合には、設置場所等について専門業者に訊いてみることでしょう。